プロ野球

プロ野球

【プロ野球】1位と2位が10ゲーム差以上でもCSは開催するべき!その理由について解説。

2023年度のレギュラーシーズンは、阪神タイガースとオリックス・バファローズが見事リーグ優勝を果たしました。 両チームとも、2位と10ゲーム差以上つけるという圧倒的な強さを見せました。 そこで、プロ野球ファンの間で賛否両論となっているのが、...
プロ野球

【ホークス】助っ人外国人が打てない。本塁打はわずか1本のみ。助っ人外国人の成績は?

はじめに。 2023年シーズン終盤に差し掛かり、パ・リーグはオリックス・バファローズが3連覇を果たしました。 ホークスは3年連続のリーグ優勝を逃してしまい、圧倒的な戦力と言われていただけに屈辱的なシーズンとなりました。 ホークスが優勝できな...
プロ野球

【阪神】現役ドラフトで大覚醒した大竹耕太郎の経歴を紹介。阪神の「アレ」に貢献。

はじめに。 2022年度の現役ドラフトで、ソフトバンクホークスから阪神タイガースに移籍した大竹耕太郎。 現役ドラフト選手としては初となる、また自身初となる二桁勝利を挙げるなど大覚醒し、阪神の「アレ(優勝)」に大きく貢献しました。 現役ドラフ...
プロ野球

[ホークス]藤本博史監督は今季限りで退任?ホークスの次期監督候補は?

はじめに。 2年契約の最終年を迎えたホークス藤本博史監督。 昨シーズンは首位のオリックスと同率でありながらも優勝を逃してしまいました。 リベンジに燃えた今シーズンは近藤健介(前日本ハム)をはじめとする、有原航平(前レンジャーズ)、オスナ(前...
プロ野球

【プロ野球】スイッチヒッターは絶滅危惧種?現役と歴代のスイッチヒッターを紹介。

はじめに。 プロ野球のスイッチヒッターは華があり何だかカッコいいですよね。 かつては松井稼頭央や西岡剛など、様々なタイトルを獲得した数多くの名スイッチヒッターが存在しました。 しかし、スイッチヒッターは年々減少している印象を受けます。 近年...
プロ野球

【ホークス】嶺井博希の経歴を紹介。再び東浜巨とバッテリーを組むことに。

はじめに。 2022年オフに国内FA権を行使し、横浜DeNAベイスターズから福岡ソフトバンクホークスに移籍した嶺井博希。 高校時代は1学年上の東浜巨とバッテリーを組み選抜優勝を果たします。 東浜巨とは高校、大学と共にプレーをしており、プロで...
プロ野球

【ホークス】生海の経歴。生海の壮絶な大学生活とは?

はじめに。 2022年度のドラフト会議でホークスから3位指名された生海。 生海は豪快なスイングで放つホームランが持ち味で、将来の主砲候補として期待されています。 かつて三冠王を獲得した元ホークスの松中信彦を目標としており、「松中選手のような...
プロ野球

【ホークス】期待のドラフト1位イヒネ・イツアの経歴。イヒネ・イツアは現在どうしているのか?

はじめに。 2022年度のドラフト会議でホークスから1位指名されたイヒネ・イツア。 圧倒的な身体能力を持ち、将来の主力候補として期待されています。 入団会見では憧れの選手は柳田悠岐と公言しており、目標は「トリプルスリー」と掲げています。 今...
プロ野球

【ホークス】歴代育成ドラフト指名選手の一覧を紹介。支配下登録を勝ち取った選手は?

はじめに。 12球団一の育成力を持つと言われている福岡ソフトバンクホークス。 ホークスの育成から、1軍で活躍する選手を多く輩出しています。 千賀滉大が12球団で育成出身初のメジャーリーグに挑戦し、また、甲斐拓也、牧原大成、周東佑京などがWB...
プロ野球

近藤健介がホークス入りを決断した理由は?決め手は長谷川勇也コーチの存在?

はじめに。 球界屈指のヒットメーカーである近藤健介。 プロ入りから11年間、主軸として日本ハムファイターズを支えてきました。 2022年に取得した海外FA権を行使し、日本ハムを含む5球団による争奪戦の中、ホークス入りを決断しました。近藤健介...