【高校野球】坊主にする理由は?坊主の歴史と起源。坊主にするメリットは?

野球雑談

高校野球と言えば、坊主が印象的です。

坊主が嫌で野球をするのを渋っていた方は多かったのではないでしょうか?

実は、私も坊主にするのがかなり嫌でした。笑

まあ、野球がしたいという気持ちが強かったので仕方なく坊主にしましたけど、、、



しかし、近年では多様性が叫ばれており髪型が自由になっている高校が増えてきています。


<strong>いもてつ</strong>
いもてつ

えー!今は坊主にしなくてもいい高校があるの!?



2023年度夏の甲子園大会で髪型が自由である慶應義塾高校が優勝したことにより、高校野球の坊主問題についてかなり話題となりました。

これをきっかけに、坊主をしなくてもいい高校がさらに増えていくと考えられます。



そもそも、なぜ高校野球で坊主にしていたのでしょうか?
坊主の歴史と起源、坊主にするメリットについても探究していきましょう。


高校野球で坊主はいつから?坊主の歴史と起源。

では、高校野球で坊主はいつからしているのでしょうか?

それは、第一次世界大戦にまで遡ります。

現在の全国高等学校野球選手権大会(甲子園大会)の前進である、第一回全国中等学校優勝野球大会が1915年に始まりました。

当時の日本は、第一次世界大戦の真っ只中です。

旧日本軍が坊主であり、また「贅沢は敵だ」と政府から学生の長髪は禁止にされており、戦時中の男子学生はほとんどが坊主でした。

このような時代背景もあり、高校野球が始まった時から坊主だったのですね。


<strong>いもてつ</strong>
いもてつ

大変な時代だったんだね。というか高校野球って100年以上も歴史があるんだね!


高校野球で現代でも坊主にする理由は?

時代背景により、戦時中は高校野球も必然的に坊主にしていたことが分かりました。

しかし、戦争が終わった現代でも坊主にしている高校が多くあります。

その理由が気になりますが、明確な理由は分かりませんでした。

高野連からの言及はなく、むしろ坊主にしないといけないというルールはありません。

坊主にするかどうかは、各高校のルールで決まっているようです。



では、なぜ現代でも坊主にしている高校が多くあるのか?

  • 坊主は長きに渡る伝統だから
  • 坊主は見た目が良く好印象だから
  • チーム全体が同じ髪型にすることで団結力を高めることができるから

私が高校野球をしていた頃、指導者や周りの大人たちに上記のような理由を聞かされた記憶があります。



伝統を守ることはもちろん大切ですが、伝統を守りすぎるのも日本人の悪いところなのかもしれません。

現代は個性が尊重される時代なので、時代の流れに沿って伝統を残していくのが良いのではないでしょうか。



見た目の良さも、清潔感のある髪型であれば別に坊主にする必要はないと思います。



チーム全体が同じ髪型にすることで団結力を高めることができるからについては、根拠のある理由だと思います。

しかし、この考え方だと坊主でなく長髪でもいいわけです。

それに、選手たちの意思でなく強制的にされているのであれば、決して団結を高められるとは思いません。



現代において高校野球で坊主にしないといけない理由は正直ありません。

高校野球で坊主が当たり前だったのが、100年もの時を得てやっと解放されつつあります。


<strong>いもてつ</strong>
いもてつ

髪型が自由になるのはいいけど、高校野球から坊主が少なくなるのは少し寂しいかも、、、


坊主にするメリットは?

ここまで坊主に関してネガティブなことしか書いていませんが、現代において坊主にするメリットはあるのではないかと考えてみました。

坊主のメリットを考えてみると、意外と多くてキリがありませんでした。笑

その中でも厳選して5つ考えたので紹介します。

  1. お金の節約になる
  2. 時間の節約になる
  3. 帽子やヘルメットで髪型が崩れる心配がない
  4. 衛生的
  5. 坊主でも野球部は普通にモテる

では、順番に説明していきます。

1.お金の節約になる

坊主にするとお金が全く掛かりません。

  • バリカンがあれば散髪代が掛からない
  • シャンプーは年間1本で足りる
  • トリートメントや整髪料は必要ない
  • シャワーの水道代やドライヤーの電気代が節約になる

バリカンは安い物で3,000円ぐらいで買えます。

シャンプーは1本1,000円ぐらいとして、年間4,000円+水道代・電気代しか掛かりません。

2.時間の節約になる

坊主にすると時間コスパが最強です。

髪型をセットしていると、10分ぐらい時間が掛かります。

野球部は朝練があったりと、とにかく朝が早いです。

髪型をセットしている時間があれば、その分寝ていたいですよね。

しかし、坊主だと髪型をセットする時間は0分です。笑


野球部は平日はもちろん、土日も練習や試合があったりと意外と忙しいです。

美容室に行く時間がないので、坊主だとバリカンでいつでもカットできます。

3.帽子やヘルメットで髪型が崩れる心配がない

坊主にしていると、帽子やヘルメットで髪型が崩れる心配がありません。

髪型をいちいち気にしなくていいので、練習や試合に集中することができます。

4.衛生的

坊主にしていると、何よりも衛生的です。

汗をかくとタオルで拭きやすく、清潔を保ちやすくなります。

帽子やヘルメットを被ると頭皮が蒸れてしまい、頭皮環境が悪くなってしまいます。

坊主にしていると、蒸れにくくなるので、将来の薄毛予防にもなります

5.坊主でも野球部は普通にモテる

坊主にしたくない理由の一つとして、やはり年頃なのでお洒落がしたいからですよね?

つまり、女の子にモテたいからですよね?笑

心配しなくても大丈夫です。

強豪校の野球部に所属しているだけで女の子にチヤホヤされます。

野球が上手くて注目されるようになると、坊主でも顔がイケメンじゃなくても普通にモテます。笑

お洒落に気を向けるより、野球の上達のために時間を費やした方が100倍モテます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここでは、高校野球で坊主にする理由、坊主の歴史と起源、坊主にするメリットについて紹介させていただきました。


一昔前までは集団を大事にされていましたが、現代は個性が尊重される時代になったので、坊主を強制されることは少なくなるでしょう。

強制されることがないため、これからは自分で考えて行動する力が求められます。

お洒落をするのも良し、坊主にするのも良し、全て自分で選択できる時代が早く訪れるといいですね。


本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました