【ホークス】期待のドラフト1位イヒネ・イツアの経歴。イヒネ・イツアは現在どうしているのか?

プロ野球

はじめに。

2022年度のドラフト会議でホークスから1位指名されたイヒネ・イツア

圧倒的な身体能力を持ち、将来の主力候補として期待されています。

入団会見では憧れの選手は柳田悠岐と公言しており、目標はトリプルスリーと掲げています。

今後、ギータ2世として活躍してくれるのが楽しみですね。

こんなイヒネ・イツアは現在どうしているのか、
また、イヒネ・イツアの経歴も併せて紹介します。


イヒネ・イツアの経歴。

名前イヒネ・イツア(いひね・いつあ)
国籍ナイジェリア
出身地愛知県名古屋市瑞穂区
生年月日2004年9月2日
身長184cm
体重82kg
投打右投左打
ポジション遊撃手
高校誉高等学校
選手経歴福岡ソフトバンクホークス(2023年〜)


イヒネ・イツアはハーフ?

ここ数年、オコエ瑠偉万波中正など黒人系ハーフのプロ野球選手が増えています。

イヒネ・イツアもハーフなのでしょうか。

気になったので調べてみたら、
両親は共にナイジェリア出身でナイジェリア人のため、イヒネ・イツアはハーフでないことが分かりました。

国籍はナイジェリアですが、イヒネ・イツアは愛知県で生まれ育ち家庭内では日本語で会話をしています。

日本語はペラペラですが、ナイジェリアの言語である英語を話せるのかは残念ながら情報がありませんでした。

イヒネ・イツアの兄弟は?

姉が1人、兄が2人おり、イヒネ・イツアは4人兄弟の末っ子です。

兄弟全員がスポーツをしており、イヒネ・イツアはスポーツ一家で育っています。

イヒネ・イツアが野球を始めたきっかけは?

イヒネ・イツアは元々サッカーをしていましたが、小学校3年生の時に友達から誘われやってみたら面白いと思ったので、じゃあやってみようとと始めたのがきっかけです。

イヒネイツアの高校時代。

中学時代のイヒネ・イツアは全くの無名の存在でしたが、圧倒的な身体能力を評価した誉高校に声をかけられ、そのまま進学することになりました。

当初は外野手でしたが、2年生の時に遊撃手へ転向しています。

フィジカルトレーニングを積み、打撃や守備が大きく向上し、プロのスカウトから一気に注目度が上がりました。

3年夏の大会では3回戦で敗退し、高校3年間で甲子園出場はありませんでした。

高校通算18本塁打とドラフト候補としては騒がれるほどの数字ではありませんが、高い身体能力と将来性を買われドラフト上位候補として挙げられました。

イヒネ・イツアは現在どうしているのか?

ホークスと仮契約後、1年目から1軍で活躍したいと意気込みを見せました。

しかし、2023年1月5日に入寮した翌日に新型コロナウイルスの診断を受け、いきなり出鼻をくじかれる形となります。

新人合同自主トレは初日から静養することになり、その影響もあり2月の春季キャンプはリハビリ組でのスタートとなりました。

また、右膝痛でリハビリをすることになり、首脳陣になかなかアピールすることができずシーズンを迎えることになります。

実践デビューは6月27日の4軍交流戦となりましたが、7月4日の4軍戦の守備機会時に左親指を負傷し、左母指基節骨骨折と診断されています。

7月10日に手術が無事に終了したことを球団が発表し、復帰に3~4ヶ月掛かるとのことで、1年目での1軍デビューは絶望的となりました。

4軍戦では3試合の出場ながらも、5打数2安打と二塁打も1本放ちポテンシャルの高さを見せています。

まだ高卒1年目なので、焦らずしっかりケガを治してほしいですね。

1軍には、イヒネ・イツアと同じ遊撃手である不動のレギュラー今宮健太がいます。

1軍でレギュラーを勝ち取るには、今宮健太を越えないといけません。

今宮健太も中堅の域に差し掛かるので、しっかり2軍で鍛えて3〜4年後に1軍で活躍してくれたらいいかなと私は考えています。


さいごに。

いかがだったでしょうか。

今回は、イヒネ・イツアはどんな選手なのか。
また、イヒネ・イツアは現在どうしているのかについて紹介させていただきました。

イヒネ・イツアは両親がナイジェリア出身で、兄弟全員がスポーツをしており、スポーツ一家で育っているということが分かりました。

現在は、ケガなどでなかなか首脳陣にアピールできていませんが、かなりポテンシャルの高い選手だということには変わりありません。

2軍でしっかり鍛えて、将来の主力選手として活躍してくれるのを期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました